ワインコラム
HOME > NZワインニュース

フィールドワークを一人でする人を保護するデバイス
ヴィンヤードで働く人は点在するブドウ園を訪れるのに、携帯電話の電波が届きにくいようなところにまで一人で運転して出かけることがよくある。リスク対策などの業務に特化する、ガーディアン・エンジェル・セキュリティ社が最近行った調査では、一人で働く労働者へのリスクが指摘し、それに関する解決策が必要だと提唱した。セイクレッド・ヒル・ヴィンヤードのシャロン・アイレス氏が、こういった従業員の安全対策としてどう対処したらいいのか迷ったときに、いいニュースを知った。

ガーディアン・エンジェル社はハードウェアに依存せず衛星、無線、セルラーネットワークのサービスで、モニター可能なサービスを提供できる。特に同社が成功を収めたのはオーストラリアの会社が設計、製作したデバイス、EGISである。

携帯電話を基本にしてはいるものの、アンテナ付きの設計で、チップとモデムが内蔵されており、携帯電話より弱い信号でも電波受信が可能となっている。EGISはIPアドレスとSMS (ショートメッセージ)を使い、位置情報を回帰動作完了まで30秒毎に警報を発信し続ける。EGISは手動でも警報を送れる。

デバイス着用者が動けない状態になった時や、デバイスが30秒以上水平に置かれたまま動きを感知しない(あるいは10分間、これはプログラムで変更可能)場合も自動的に警報を発信するようにプログラム可能。デバイスを使用する人は、この器具を腰ベルトに着用するため、警報を発する前に、デバイスがバイブレートし音を立てるので、警報発信前に気づくことができる。警報機は、また使用者が動き始めたり、デバイスの位置を変えることで解除ができる。

また、モニターステーションに自動的に発信し、警報を送ることも可能である。SMS/IPが使用できない場合についても、代替コミュニケーションが可能で、オペレーターも緊急問題がどういうものかすぐにわかり、援助活動者に最新の情報を与えられ、さらにオペレーターは、援助が到着するまでデバイス使用者と交信を継続できる。モニターステーションで電話の内容も録音されている。

<ニュースソース>
http://www.ruralnewsgroup.co.nz/wine-grower/wg-industry/protecting-lone-workers

27.02.2017

※このサイトの写真・文章を無断で転載、転送、複写することを固く禁じます。   
ギャラリー販売店様へ購入方法利用規約About Usリンク
ALL RIGHTS RESERVED by NZ-WINES.co.nz