ワインコラム
HOME > NZワインニュース

オークランドに新しいワイン・ケーブ
国内で著名なレストランでソムリエとして活躍していたジョー・ワン氏がオークランドに新たな事業として、ニュージーランドのブティック・ワインを楽しめるThe Wine Caveを始めた。

ワン氏の目標はニュージーランドが誇る最上級ワインをワイン愛好家に提供し広めていく事にあり、ニューマーケットの店は地元の人にも旅行者も、これまでになかったワイン体験が出来る。

「私がホークス・ベイのケープ・キッドナッパーズでソムリエとして働いていた2013年、アメリカ、イギリス、ヨーロッパからの旅行者と接する機会が多々あった。ワインへの情熱を持ち、高価なワインを飲みつくして来た旅行者が、ニュージーランドの最高のピノ・ノワール、いうなればニュージーランドのボルドー・ワインを求めていると知り、非常にびっくりした。これが私のチャンスだ、と感じ、オークランドにそういった最高のワインを求める人の店を作る事を思いついた」

スカイ・シティ・カジノ、ノーザンクラブ、ボウマン、チボなどの名だたる有名店でソムリエとして働いていた経験から、ニュージーランドのブティック・ワインには深い知識を蓄積してきたワン氏。ブティック・ワインは生産地のセラードアに足を運ばないと、一般のツーリストの人たちが味わう事ができないものだ。そのために、ワン氏が考えたのは、そういった秘伝のワインを一堂に会することにあった。「これまで慣例となっている小売システムを利用したくなかった。地元の人であれ、ツーリストでもこの店に来る人は、買い物かごを下げてワインを探すのではなくて、ワイン知識が豊富なスタッフからアドバイスを得てワインを味わえるようにしたかった。」

店舗には435種類のワインを備え、そのうち315種類がニュージーランド産で、国内の158の異なるブティック・ワイナリーから集めたものだ。スパークリング、ソーヴィニョン・ブラン、ピノ・ノワールからアロマティック、シャルドネ、ボルドーとのブレンドまで幅広い種類のものを完備している。

ワイン・ケーブには大きく分けて3部屋ある。テースティング・ルームとなっている所は、スポーツファン向けのテレビ、チーム・ビルディングやイベントを行えるスペース。The Vaultと呼ばれるワイン貯蔵庫には、最高のプレミアム・ワインが保管されている。この場所は、開錠キーが無いと入室できず、スタッフに同行された顧客が、一般のテースティング・ルームではないこの特別室でワインを選択し、購入可能になっている。また、倉庫となっている所では、参加人数の多い特別イベントにも使用可能とのこと。

メニューにあるのはワインだけでなく、60種類のアルコール飲料と少数ではあるが吟味されたクラフトビールも完備している。「団体で来る人の中にはワイン愛好者ばかりではないので、そういった方のためにも他の飲料を用意している。」とはワン氏。

ワイン愛好者に向けてのニュージーランドの素晴らしいワイン紹介に特化してるとはいえ、販売にさほどワング氏は力を入れているわけではない。

「ここに来るお客さんとワイン体験を分かち合い、彼らが美しいニュージーランドワインを試飲し、この店とワインを後にいい思い出として残して欲しい、というのがあくまでも僕の目的だ。」

<ニュースソース>
https://www.ruralnewsgroup.co.nz/wine-grower/wg-general-news/auckland-s-new-wine-cave

16.04.2018

※このサイトの写真・文章を無断で転載、転送、複写することを固く禁じます。   
ギャラリー販売店様へ購入方法利用規約About Usリンク
ALL RIGHTS RESERVED by NZ-WINES.co.nz