ワインコラム
HOME > NZワインニュース

絶対見るべきニュージーランド・ワインのドキュメンタリー映画
ワイン愛飲者で映画製作者のデヴィッド・ナッシュは5年近くの歳月をかけてフランスとニュージーランドのワイン作りを比較した「テーブルの一席(重要なグループの発言権のある参加者)」というタイトルの素晴らしいドキュメンタリー映画を作り上げた。ワインの瓶や樽のことを延々と述べる様な退屈なものではなく、ワイン作りにかける人々と彼らの情熱についてのストーリーだ。私自身も端役として出演はしたが、まだ映画を最初から最後までは見てはいない。しかし公式の予告編を見てから、7月にニュージーランの国際映画祭で上映されるが待ちきれなくなった。

あらすじは以下の通りだ。
フランス産のワインは世界でも一番人気があり、崇められ、しかも一番値の張るワインだ。ワイン作りに何百年もの月日をかけ、その技は芸術的な域に達している。素晴らしいワイン造りたいなら、フランスがベンチマークだ。しかし、本当にそうであろうか?予想以上の結果で名を馳せている一国が、貴族的な地位に君臨している。この映画は世界でも最も名の知れたワイン醸造家、ワイン批評家、ライター、高級ワインを取引する人たちが語る物語となっている。ヨーロッパ大陸から ニューワールドへの旅にいざない、洗練されたワインの歴史、文化、そして、ワインの変遷へのテンションを探り、私達が知りたい大きな問いに答えていく。その問いとは、「ニュージーランドはテーブルに座るだけのワインを造り上げたか」というものだ。

公式予告編はこちら。https://www.nzwinestory.co.nz/

<ニュースソース>
https://www.therealreview.com/2019/05/20/new-zealand-wine-documentary-a-must-see/

12.06.2019

※このサイトの写真・文章を無断で転載、転送、複写することを固く禁じます。   
ギャラリー販売店様へ購入方法利用規約About Usリンク
ALL RIGHTS RESERVED by NZ-WINES.co.nz