ワインコラム
HOME > NZワインニュース

ニュージーランドのブドウ畑が世界のトップ20に選出
ワインツーリズムのトップ20を祝して新設された賞でニュージーランドのブドウ畑二つが選出された。

この賞の創始者のアンドリュー・レーズ氏は、この賞の解説の動機は、「トータル・パッケージ」を提供出来るブドウ園の活躍を認識するためであり、「ワインは個々の環境とテロワ―ルを反映してする背景となっているから」だと、CNNのインタビュ―で答えている。

世界のワイン専門家の国際学術機関が1500のワイナリーを選出し、その輝く一位となったのはアルゼンチンの家族経営のワイナリー、ズッカルディ・ヴァッレ・デ・ウッコ。このウッコ・ヴァリーに位置するワイナリーは「建築的な逸品」であり「アンデス山脈の息をのむような景色」とその土地の「テロワ―ルを活かしたワインが高地のライムストンのテロワ―ルを表現」している、と評された。

ニュージーランドは、ワナカ湖の湖岸にあるバイオダイナミック農法を営む家族経営のリッポンが世界で8位、オセアニア・アジア地域では最高位だった。

リッポンの特徴で特に顕著と評されたのは、「顎が落ちてしまいそうに美しいワナカ湖の湖畔」と「素晴らしい滑らかなバイオダイナミックスのワイン」であり、その中にピノ・ノワール、リースリング、ゲヴェルツトラミネールなどの「素晴らしい、テロアールを重視した崇高なヴァラエティが存在」しているとのコメントを受けた。

ホークス・ベイのクラギー・レンジ・ワイナリーは11位で、トップ50位に入賞した二つのワイナリーのひとつであった。
ラクジェリーな宿泊施設と多くの賞を受賞したレストランや多数地域(ホークスベイ、マルティンボロー、マールボロー)、シングル・ヴィンヤード・ワイン、高いアロマ豊富な白からボルドーとのブレンドやテロワ―ル・シラーやシャルドネに渡る広範囲のワインに称賛を受けていた。13位となったのはオーストラリアのペンフォールズ・マギル・エステート。

2位はウルグアイのボデガ・ガルソン、3位はスペインのR ロペス・デ・ヴィニャ・トンドニア。スペインとポルトガルのワイナリーは、フランス、イタリア、ドイツ、オーストリアを抜いての入賞。
ポルトガルのキント・デ・クラスとは4位、スペインからはトップ20位の中にマルケス・デ・リスカルが9位に入賞を果たしている。
フランスの最高ブドウ畑はボルド―近くのシャトー スミス・オー・ラフィット が16位。イタリア最高のブドウ畑は、トスカニーアンティノーリのキャンティ・クラシコが18位。

北アメリカで入賞したのは、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ・ワイナリーとオーパス・ワン・ワイナリーで、それぞれ12位と19位のみだった。

南アメリカが上位10位を占め、チリはトップ50位のうち8つを獲得し、南アメリカ最高の入賞国となった。


<ニュースソース>
https://www.stuff.co.nz/travel/news/114149911/two-new-zealand-vineyards-named-among-worlds-best

30.09.2019

※このサイトの写真・文章を無断で転載、転送、複写することを固く禁じます。   
ギャラリー販売店様へ購入方法利用規約About Usリンク
ALL RIGHTS RESERVED by NZ-WINES.co.nz