ワインコラム
HOME > NZワインの魅力(コラム) > 第117回 シンガポール発2泊5日、オークランドへの旅
なんと!シンガポールからニュージーランドのオークランドまで、往復ともに深夜便(しかも直行便あり)で移動できてしまうではないですか!3月からシンガポールに引っ越してきた私は、すばらしい日本のゴールデンウィークを失い途方に暮れていたのですが(現在、シンガポールカレンダーで就労中)、こんな便を見つけてしまっては、血が騒ぎます。えーい、行ってしまえ!イースター3連休でオークランドへ飛ぶことを急遽決定。今回は、会社を休まずにして行けてしまう(いや、行けてしまった)シンガポール発2泊5日、オークランドへの旅をレポートします。


オークランドのシンボル「Sky Tower」
チケットを予約して2週間後にはオークランド入り。シンガポールを夜に発ち、飛行機で一晩眠ったら翌日のお昼どきにはオークランドに到着しました。到着早々思ったこと、それは“空が広い”、そして“青色が濃い”。オークランドのシンボルSky Towerもとてもかっこよく見えました。シンガポールでも、もっと高いビルがそりゃあもうたくさんあるのですが、ここでは、Sky Towerだけが高くて、大きな空に向かってそびえたつ姿というのが一際かっこよく見えるのです。ニュージーランドに上陸したな〜とつくづく実感しました。
オークランドといえば「City of Sails(帆の街)」と呼ばれる街。ハーバーにも行かないと!ということで、ハーバーフロントにもさっそく向かいました。このときはすでに4月、日本でいうと10月ですから、夏も終わりという時期でしょうか。それでも、日差しの強いニュージーランドでは、日中はまだまだ夏の陽気。(この後、夜は一気に涼しくなるのですけどね)、テラス席でアイスクリームを食べているニュージーランド人の姿もちらほら、Tシャツ短パンで歩いている人々・・・と、夏の光景でした。


Auckland Ferry Terminal
まだまだ日中は夏。外でアイスクリームも。
オークランドへの到着は、こんな感じでスタートしたのですが、この日のメインイベントは知人に会うことでした。東京にいた時に知り合ったニュージーランド政府観光局のShannonさんが、今はニュージーランドにいらっしゃるということで連絡させていただいたのです。以前より、私がサーフィンをすることをお話していたので、今回はオークランドから北にあるサーフィンもできるビーチ「Orewa Beach」に連れていっていただきました。
※ご参考:ニュージーランド政府観光局(ウェブサイト)


Orewa Beach
Shannonさん(右)、Miaさん(左)ご夫妻と愛犬ミカちゃん
この日はあいにく風が強かったので、ビーチではカイトで遊ぶ地元の人たちや夕方のお散歩に訪れている人たちがちらほら。オークランドから車で数十分の距離でこんなビーチがあるとは、本当にうらやましい。おかげさまで、青い空に、青い海、久々のビーチと“入水”を満喫できました。

オークランドの街へ戻る途中、もう一つ素敵なスポットに連れていっていただきました。そこはMt. Eden(マウント・イーデン)と呼ばれる場所で、昨年のラグビーW杯の開催場所でもあったあのEden Park(イーデン・パーク)の近くにあります。ちょうど夕方、Sunsetにも間に合って「Mt. Eden」からはきれいなSunsetを見ることができました。また、Sunsetの反対側には、街のシンボルSky Towerもはっきり見えます。街からこんなに近くても、空が大きくて、透き通っているニュージーランドはすごいなーと感心しました。
到着日早々、ニュージーランドの素敵なスポットに連れていってくださったShannonさん、Miaさん、本当にありがとうございました!(写真がなくて残念ですが、Shannon家でいただいた Free Range <放し飼い>チキン×塩こうじのBBQもとっても美味しかったです。ご馳走様でした!)


Mt. Eden(マウント・イーデン)から見たSunset

Mt. Eden(マウント・イーデン)から見たオークランドの街とSky Tower


さて、翌日は、当サイトの運営者がナビゲーターを務める「マタカナのファーマーズマーケット+ワイナリー巡り」。ずばり、“ニュージーランド美食ツアー”。この日は土曜日とあって、ファーマーズマーケットの開催日。朝から気合をいれて出発、前日のOrewa Beachよりもさらに北上しマタカナに向かいます。マタカナに到着すると、車がずらり。ニュージーランド、しかもマタカナ“村”にこんなに人が集まるの?というくらい混んでいてびっくり。マーケットではイースター前日とあって、浮かれている人たちもちらほら。なんだか楽しそうです!

マタカナ“Village=村”に車がずらり
イースターで、ウサギになっている人あり

マタカナのファーマーズマーケットに並ぶ品々もこれまた豪華でした!(特に“農業”があまりないシンガポールから行った私には本当に新鮮な食材がぜいたくなのです)
野菜はフルーツはもちろん、NZ産マスタード、チーズ、オーガニックDukka、オーガニック マヌカハニー…などなど盛りだくさん。そして、オイスターまでもがありました。


NZ産 オーガニック マヌカハニー
NZ産マスタード、種類も豊富


NZ産チーズ。ああ、もって帰りたかった〜
NZ産オイスター

ファーマーズマーケットといえば、朝食も楽しみのひとつ。今回は(私にとって)めずらしいパンケーキ「フリッター」とニュージーランドらしいパイにトライしました。フリッターは、日本でいうお好み焼きのようでもあり、どちらかというとインドのロティのようなものに思えました。甘くないパンケーキ、いいですね!そして、パイはNZ産ならではのフルーツ「Boysenberry」のパイにさらにNZ産バッファロー・ヨーグルトをかけたもの。バッファローのヨーグルトというのは初めてでしたが、とても美味しかったです。

NZ名物「フリッター」
NZならではのフルーツBoysenberryの PieにNZ産バッファローヨーグルトをかけて

さて、ファーマーズマーケットを満喫したら、いよいよワイナリーツアーへ!この日は3軒のワイナリー(+ヴィンヤード)を見学させていただきました。
まず、1軒目は、NZ最高級ワインの「Providence(プロヴィダンス)」。ちょうど訪問した日は、3年に1度しかやらないというとある畑作業をしている日で、そんな日にあたるとはラッキー。貴重な経験となりました。

畑にぐさっ
ぐさっ
根っこから耕していきます

そして、本命ワインテイスティングの始まりです。Providence(プロヴィダンス)は、私には高級なもので遠い存在=ありがたい存在ですから、ニュージーランドではProvidence(プロヴィダンス)のワインテイスティングができるなんて!と、現地ならではのうれしい経験です。いやあ、ありがたき幸せ!なかなかこんな機会もないのでお買い上げもさせていただき、シンガポールにもありがたく持ち帰らせていただきました。


なんと!「Providence」でワインテイスティング開始!


続けて2軒目は、WineryとArtを融合したおしゃれなワイナリー「Brick Bay(ブリック・ベイ)」。すぐそばが海なのです。ここはおしゃれーなカフェのようなスペースがステキで、外もきれいなお庭、ヴィンヤード、トレイルに囲まれていました。ワインテイスティングもきれいにコーディネイトされていてとても気持ちがよかったです。


おしゃれな店内、まるでカフェ!
「Brick Bay」のワインテイスティング


そして、最後の3軒目は、今回のワイナリー巡りで、まさに“おもしろかった“というコメントがふさわしい「Heron's Flight(ヘロンズフライト)


Heron's Flightのセラードアー
熱く語るHeron's Flightのオーナー

ここのワイナリーはニュージーランドではめずらしく、イタリアでよく植えられている“サンジョベーゼ”のワインを作っていて、サンジョベーゼのジュースも販売しているのです。この日の朝も実はファーマーズマーケットに出展されていたほど。そして、オーナーがどう見ても元ヒッピーに見えるアメリカ人のおじさまというのも印象的。ずっと解説をうけていてもどうも元ヒッピーに見えて仕方なく、そして、ニュージーランドで面白いことをしているワイナリーとしてしっかり記憶されたのでした。うん、本当に忘れない自信があります!ワインももちろん美味しいのですけどね。

3軒のワイナリー巡りを終えた時点で、すでにこの日は盛りだくさんだったのですが、夜に向けてニュージーランドの美食の旅はまだ続きました。Auckland Fish Marketへの買い出し、そしてご家庭料理のディナーがこれまた素晴らしかったのです。BBQラムラックとNZワインのマリアージュは、ニュージーランドならではのぜいたくな新鮮食材の組み合わせで、素晴らしい体験をさせていただきました。
家庭でこんな食事ができるなんて、ニュージーランドの食材のすばらしさ、食生活の豊かさに本当に感動しました。ニュージーランドのご家庭って本当にいいですね。


Fish Marketでは、Green Musselsが。1kgで2.95NZDと安い!
極め付け、BBQラムラックとNZ Pinot Noir!


2泊5日の旅、オークランド最終日は朝からサーフィン!今度はNZの現地サーフトリップに参加してきました。イギリス、ブラジル、韓国、日本など様々な国からニュージーランドへ旅行や留学で滞在している人たちに混ざりOrewa Beachでのサーフィンを楽しみました。サーフィンはワイン同様に世界共通言語として国籍超えて共感しあえるのがうれしいです。海では常に助け合い、励ましあい、そして、同じ瞬間、波を楽しみます。滞在中にまたサーフィンできて幸せでした!

サーフィンを終え、午後にはオークランドの街に戻ったものの、夜の飛行機の出発までたっぷり時間がありました。
せっかくなので、オークランドの街も散策しました。あいにく、イースターでほとんどのお店はお休みでしたが、休日でもオープンしていた「Auckland Art Gallery」で現代美術やマオリ族の展示物を見学することができたり、夕飯には街一番の“Fish & Chips”を出すといわれるPubに行ってみたりと最後の最後までオークランドを満喫することができました。丸3日とあっという間でしたが、オークランドを拠点にニュージーランドを楽しむことができました。現地でお世話になった皆さん、本当にありがとうございました。


Fish & Chipsで有名な「Queen’s Ferry Hotel」店内のテレビではやっぱりRugby中継していました
名物Fish & Chips


あ、最後に一つ、このレポートを読んでくださった方々へアドバイスです。実はオークランドの空港で、この弾丸ツアーについて“3日だけ?”“なんで?”と何度も質問を受けてしまいました。ここでは短期間の旅行はとても不思議な人に思われるようです。皆さんがニュージーランドへ行かれる際は、ぜひぜひもう少し時間をとってゆっくり満喫してくださいね!


Orewa Beach



2012年6月掲載





※このサイトの写真・文章を無断で転載、転送、複写することを固く禁じます。   
ギャラリー販売店様へ購入方法利用規約About Usリンク
ALL RIGHTS RESERVED by NZ-WINES.co.nz