ワインコラム
HOME > NZワインの魅力(コラム) > 第23回 ワイン犬(Wine Dog)のお仕事
ローソンズ・ドライ・ヒルズのトミ(Tomi)
ワイン犬(Wine Dog)という犬の存在をご存じですか?

ワインを飲む犬という意味ではなく、ヴィンヤードやワイナリーで活躍している犬のことです。実は、NZでも多くのワイナリーに、ワイン犬が飼われています。
ギブストン・ヴァレー・ワインズのエコー
ボールド・ヒルズ・ヴィンヤードのジャック
以下ローソンズ・ドライ・ヒルズのトミ
ワイン犬のワイナリーでの仕事を定義するのは容易ではありませんが、それぞれのワイナリーでそれぞれユニークな仕事をしているようです。

例えば、セントラル・オタゴにある小さなワイナリー、ボールド・ヒルズ・ヴィンヤードでは、大きなオス犬のジャック(Jack)がセラー・ドアーに来る訪問者を歓迎し(ながら昼寝し)ていますし、西オークランドのクーパーズ・クリーク・ヴィンヤードでは、モデル歩きをするオシャレなプードルが、犬好きの訪問者たちの目を引いています。

また、私が最近会った、マールボローにあるローソンズ・ドライ・ヒルズのトミ(Tomi)は、訪問者に歓迎の挨拶をしてくれます。彼女は私のお気に入りでもあり、駐車場に車を停め、ワイナリーセラー・ドアーに近づくと、ポッチャリ太ったトミが、まずは「ワン!」の挨拶。そして、尻尾を振りながらリラックスした足取りで近づき、場をなごませます。

しかし、このつぶらな瞳のメスのラブラドール(5歳)の歓迎はいわば“趣味”みたいなもので、本業はもっと重要なお仕事。それはかなりの専門職で、ワイナリーのオーナー、ローソン氏によると、トミが収穫時期の決定するというのです。この秀でた特技は、トミがまだ仔犬の頃から育まれたものだというのです。

通常、リフレクトメーター(屈折糖度計)と呼ばれる機器を用いてぶどうの糖度を計り、糖度22ブリックス(゜Brix)以上になったら、収穫どき。でも、トミさえいれば、こんな計器は必要ありません。

というのも、収穫期前のある日、ローソン氏がぶどうの糖度を計るために、ぶどうの房の一部分を用いて果汁を搾り出し、糖度を計器で計っていました。計った後の残ったぶどうは、地面に捨てますが、ローソン氏が気付くと、トミは糖度22ブリックスかそれ以上のぶどうにだけ飛びついて、22ブリックス未満のぶどうには、見向きもしないというのです。しかも、匂いだけで糖度を嗅ぎ分けられるというのですから、大したものです。

今では、トミがぶどう畑で美味しそうにぶどうを食べていたら、収穫期と判断しているとのこと。お気に入りのシャルドネ種をたっぷり食べさせてもらっているので、益々膨よかになってゆくトミではありますが、温厚な性格の持ち主でとても賢く、愛すべきワイン犬でした。

このほかにも、ウサギやポッサムなど、ぶどうの木の皮や若葉を食べてしまう有害な動物を追い払ったり、狩猟したりする賢いワイン犬もいます。でも、ほとんどのワイン犬が果たしている共通の仕事があります。ぶどう栽培家や醸造家、セラー・ドアー・パーソンなど、ワイナリーで働く人々や、ワイナリーへの訪問客の心を和ませ、収穫期や剪定時期の疲れた労働者たちの顔に笑顔をもたらすこと。単純だけど、これがどのワイン犬にも共通する最も大切な仕事なのです。
もしも、今度ワイナリーを訪れる機会があり、そこに愛想の良い犬がいたら、きっとそれはワイン犬です。でも、むやみにさわったりせず、必ずワイナリーの人にさわって良いか聞いてからかわいがりましょう。

※Tomiの写真提供
(メインフォト)photography copyright Kevin Judd for WineDogs.com
(下段)photography copyright Lawson's Dry Hills Wines
2006年3月掲載


※このサイトの写真・文章を無断で転載、転送、複写することを固く禁じます。   
ギャラリー販売店様へ購入方法利用規約About Usリンク
ALL RIGHTS RESERVED by NZ-WINES.co.nz